10月ですね

しばらく、アップしてなかったですね。

台風の被害は皆様いかがでしょうか?
亡くなられた方々に心よりご冥福をお祈りいたします。
被害にあわれた方々の一日も早い復興をお祈りいたします。

今月の法話です。
一つでも多く幸が届きますように!
塩 山 成 田 山
令 和 1 年 10 月 法 話
~ お不動様を信じる気持ちが力になった話 ~
信者のAさんは定期検査で病気が見つかりました。
そして、手術をする事になりました。
家族や職場や友達には気丈に振舞っていましたが、内心は不安で不安で、幾晩眠れない夜を過ごしたのかわからなかったそうです。
手術の数日前にAさんを訪ねました。
様々な不安を伺いました。
そこでAさんに普通の紙でしたがお不動様のご真言を書きました。Aさんは紙を見ないとお不動様のご真言が言えないようなので「紙が見られないときは『南無塩山の成田山のお不動様』と言って患部を撫でてください。」と話してきました。
退院後Aさんより電話がありました。
「経過も順調で昨日退院しました。手術の前や後、眠れないとき、とにかく事あるごとに『塩山の成田山のお不動様』と言って撫でました。そうすると落ち着いてきて『自分はお不動様に守ってもらえている』と感じることができました。」と話してくださいました。
経文の中に、お不動様の人々を助けるお姿がこうあります。「お不動様は信じる人々の心のうちに住むが、人々の想う心はそれぞれあって同じではない。でも、お不動様人々の心に従って、しかも利益があり求める所円満させる。」と。
お不動様は信じる者と常に一緒にいてくださいます。
信じる心がなく、お不動様の力だけを求めるのは
違う気がします。
お不動様は信じる皆さんの心の中には、お不動様がお住まいになっています。お不動様に恥ずかしくない行いをして、日々感謝してくださいね。

~当山流仏壇でのお経・一番最初~
〇懺悔(さんげ)文(もん)
我(が)昔所造(しゃくしょぞう)諸悪業(しょあくごう) 皆(かい)由無始貪瞋痴(ゆむしとんじんち)
従身語意之所生(じゅうしんごいししょせい)  一切(いっさい)我(が)今(こん)皆(かい)懺悔(さんげ)

~ ~ ~ 今 後 の 予 定 ~ ~ ~              
11月1日午後8時~護摩法修  12月1日午後8時~護摩法修                        
3日午後2時~護摩法修     1日午後2時~護摩法修
19日午前11時30分~19日午前11時30分~           先祖・水子・ペット他供養  彼岸月先祖水子・ペット他供養
私の不思議な体験?私の日常茶飯事を載せています『塩山成田山』で検索→ホームページや
アメブロもご覧下さい。
◎今月も良いお参りでした。朝晩の寒暖差が大きく、夕暮れも早まりますがどうぞご自愛ください。
来月もお待ちしております!!!
☆ ☆ 参 拝 者 募 集 ☆ ☆
京都・鞍馬寺~滋賀県大津市・三井寺
日時 10月26日(土)~27日(日) 
塩山成田山午前4:00集合
場所 滋賀県大津市 三井寺
人数 15~20名(最終申し込み10月4日まで)
宿泊 おごと温泉 びわこ緑水亭
連絡先 成田山携帯090‐8722‐2638
◎鞍馬寺とは
京都にあり、6月の竹伐り会や10月の鞍馬の火祭で鞍馬は有名です。古くは、源義経が天狗に
剣術を習った場所。能・テレビ・映画の「鞍馬天狗」で有名です。
鞍馬寺の奥の院にはこんな伝説が残っています。
それは「650万年前に金星から魔王尊が降りてきた。」と。確かに凄まじいパワーを感じます。
鞍馬寺は鑑真和上の高弟の鑑禎が770年に毘沙門天を祀ったのが始まりといわれています。
◎三井寺とは
滋賀県大津市にある天台寺門宗の総本山で、
正式名称は『長等山(ながらさん)園城寺(おんじょうじ)』です。
今から約1330年前に建立されたお寺で歴史は比叡山延暦寺よりも古いのです。
本堂である金堂をはじめ山内にある建物は、国宝や重要文化財が多数あります。
国宝に指定され、また日本三大不動の一つの黄不動があります。
本尊の弥勒菩薩は天智天皇が常に身に着けていた弥勒菩薩であると伝わっています。
このお寺は西国観音霊場の第14番でもあります。
境内には延暦寺との抗争のさい弁慶が三井寺から延暦寺へ持ちさり、のちに三井寺に戻された鐘で
近江八景の『三井の晩鐘』としても有名です。
このお寺の三井寺の名前の由来は
天智・天武・持統の三天皇の産湯を今も湧く境内の霊泉を使った事に由来します。
そのため、天皇家との結びつきも深く、天皇家の学問所の一面も持っていました。
さらに、三井寺は山梨ともご縁があります。
武田信玄の先祖にあたる新羅三郎義光は、この三井寺にある新羅明神を祀る新羅善神堂の前で元服をしたので新羅三郎義光と名乗りました。

7月です

今月も気温が低かったり、大雨で大変な思いをされている方々もいます。
本当に体調など気をつけてお過ごしください。

今月の法話です。
何か幸せのヒントになれば幸いです。

塩 山 成 田 山
令 和 1 年 7 月 法 話
~お盆のこと~
家のやり方やお供え物を書いておきます参考になさってください。
○ナスの牛とキュウリの馬
家では仏壇を正面に見て右側にナスの牛。左側にキュウリの馬。
馬や牛の向きはお盆の間ずっと同じです。
ナスの牛・キュウリの馬には麵類で必ず手綱をつけます。
牛や馬を作る意味は
ご先祖様にあの世から馬に乗って早く家に来ていただき、
帰りはたくさんのお土産と共に牛に乗ってゆっくりとあの世に
帰っていただくためといわれています。
○餓鬼道に落ちた先祖のお供え
お盆のときに、この餓鬼達への供養が必要です。
お盆のときに菩提寺へお布施を持っていくのは餓鬼達のための「施餓鬼供養」があるからです。
菩提寺のある方・ない方もお盆のときには「水のこ」を作って
お供えしてください。
※護摩の後にみせたナス・キュウリと生米・水を混ぜた物です。
○箸
箸は付けください。食べ物・飲み物はちゃんと封を切って
お供えしてください。
☆お盆やお彼岸はその家で亡くなった方がいなくても行って
ください。「親元がしている。」「分家だから。」あなたに先祖が
いないならば、それもいいですが、そんな人はこの世に
誰もいません。先祖がいてあなたがいます。
○迎え火・送り火
迎え火➡玄関の方でおがらを焚きます。この火の明かりを頼りに
 ご先祖様がこの世に帰って来るといわれています。
送り火➡送り火の煙に乗ってあの世に帰るといわれています。
家では、迎え火・送り火共にお線香も一緒に焚きます。
○お供え物の始末
お住まいの地域の指示に従ってください。
〇仏壇であげるお経
懺悔文➡開偈経➡般若心経➡各本尊真言➡光明真言
で大丈夫です。
ロウソクをつけ、線香を立て、チーンと鳴らしてから数珠を
手にして経を読みます。

~ ~ ~ 今 後 の 予 定 ~ ~ ~              
8月1日午後8時~護摩法修  9月1日午後8時~護摩法修                        
4日午後2時~護摩法修    1日午後2時~護摩法修
19日午前11時30分~19日午前11時30分~           先祖・水子・ペット他供養  彼岸月先祖水子・ペット他供養

私の不思議な体験?私の日常茶飯事を載せています『塩山成田山』で検索→ホームページや
アメブロもご覧下さい。そして、感想などよろしくお願い致します。
今回のお盆の事は「塩山成田山 お盆」で検索してください。
◎今月も良いお参りでした。これから梅雨本番の下半期に入りますが、どうぞご自愛ください。
来月もお待ちしております!!!

☆ ☆ 参 拝 者 募 集 ☆ ☆
日時 2019年10月26日~27日(土日)
場所 京都・鞍馬寺~大津・三井寺
人数 15~20名
(最終申し込み10月10日まで)

日時 2020年2月16日(第三日曜日)
 塩山成田山午前6時発
場所 千葉・成田山~深川不動堂参拝
人数 15~20名(最終申し込み2月4日まで)

~ 境内にある神仏について ~
○大威徳明王 梵名ヤマーンタカ
五大明王の一尊です。大威徳明王は六面六臂六足で水牛にまたがっています。
六面は六道(地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人間界・天上界)を見るためです。六本の腕は仏法を守護するため様々な武器を持ちます。六本の足は六波羅蜜(布施・自戒・忍辱・精進・禅定・知慧)の修行の道を怠けず歩き続ける決意を表わしています。大威徳明王はチベット仏教では文殊菩薩の化身とされ、日本ではさらに、阿弥陀如来が加わりこの二尊が人々を救済するための恐ろしい姿といわれています。梵名のヤマーンタカの意味は、ヒンドゥーの死の神「ヤマ(閻魔大王)」を「アンタカする(終わりをもたらす)」から「閻魔大王のような死の神を倒すもの」➡「大きな威力を持つもの」=「大威徳明王」となりました。
御真言 おんしゅちりきゃらろはうんけんそわか

5月です

もう5月ですね。
今夜、大雨警報も出ています。
どうぞご注意ください。
今月の法話です。
何かのヒントになれば幸いです。

塩 山 成 田 山
令 和 元 年 5 月 法 話
今年は、4月7日に大祭滞りなく済みました。
ご寄付くださった皆様ありがとうございました。
今年、大祭の寄付にいただいたなかから
〇AED 〇ダルクへ寄付(薬物依存からの回復を目的とする団体)
などに使わせていただきます。
甲府市宝の「みんなのおらんち」さんで行っている子供達への
100円ランチへのお米のご寄付もありがとうございます。
第二弾のたくさんのお米を「みんなのおらんち」さんに
お届けします。これらの小さな事かもしれませんが、この小さな陰徳が皆様の幸せに繋がれば幸いです。
ありがとうございました。

~悩みは自分で作っています~
「苦るしみのもとは、自分自身で作っている。」というのが仏教的考えにあります。
お釈迦様が悟りを開く前に「病気の人」「老いた人」「死んだ人」に会い「生きるという事は病気・老い・死という苦もある」
という事に気づき、出家なさったそうです。
お釈迦様は「苦のもとは何か?」など様々な事を瞑想や苦行から
気づいてゆきました。
そのなかのお釈迦様の教えをまとめたものが「お経」です。
お釈迦様は「十二縁起」という苦の根本を理解し苦悩を断つためのマニュアル?のようなものを示されました。
1無明 2行 3識 4名色 5六処 6触 7受 8愛
9取 10有 11生 12老死
(各縁起は少しずつ毎月の法話でお話ししてゆきます。)
これらの生きてゆくうえで、意識して、または無意識に生まれる自分の中で作る出した思いが、自分を苦しめる事になると教えています。この思いにがんじがらめになっている時は、いいアイディアも浮かばず、良い出会いもなく、全てが悪く感じます。
この「がんじがらめの思い=煩悩」から
救い出してくださるのがお不動様です。
煩悩のがんじがらめを解く方法として護摩を行います。
お不動様を信じて、ご自身も和顔愛語などをして良い運を
引き寄せ、苦悩を減らしてください。

十二縁起
1無明
迷いの根本のこと。迷いの真っ暗な中にいること。煩悩。
~境内に祀られている神仏~
立身出世・開運を願う方
階段を上がって行くと、立っているお地蔵様がいらっしゃいます。
このお地蔵様は宝珠の玉(欲する宝を作りだす玉)を持っているので昔から「このお地蔵様はお願いを叶えてくれる」といわれていて、このお地蔵様にだけ参拝に来る方々がいます。
とくに「開運・出世」にご利益あるといわれています。
手を合わせると共にご真言を3回お唱えください。
お地蔵様ご真言
おん かかかび さんまえい そわか

~ ~ ~ 今 後 の 予 定 ~ ~ ~               6月1日午後8時~護摩     7月1日午後2時~護摩法修                        
2日午後2時~護摩法修     7日午後8時~護摩法修
 19日午前11時30分~     19日午前11時30分~
先祖・水子・ペット供養   先祖・水子・ペット供養

*** 参 拝 者 募 集 ***
◎三井寺参拝
日本三大不動 国宝黄不動尊
※10月から12月まで三井寺で何か企画・特別御開帳などがあるようです。
詳しい情報は、またお知らせいたします。
仮日程
2019年10月26日(土曜)~27日(日曜)

○秘法 つりくじ 5月18日 午後8時~
※伺いたいことのある方は早めにお越しください。
昨年に続き今回で2回目です。昨年、初めて「つりくじ」に立ち会った方ばかりだったので
皆さん、紙と紙が磁石のように張り付いて落ちない不思議を目の当たりにして
驚かれていました。言葉では説明できない不思議はあるのです。

私の見た幽霊の事なども載せています『塩山成田山』で検索→ホームページ・ブログもご覧下さい。

◎今月から元号が「令和」になりました。どんな時代になるのでしょうか?楽しみですね。
今月も良いお参りでした。急に暑くなり体がついていけませんが、どうぞご自愛ください。
来月もお待ちしております!!!

3月ももう彼岸終わりですね

3月の法話です。
何かのヒントになれば幸いです。

塩 山 成 田 山
平 成 3 1 年 3 月 法 話
~生きていることを大切にしてください~
三井寺の修行の一つに「止観(しかん)」という座禅があります。意外かもしれませんが「禅の起源は天台宗にある」と研修で教わりました。
雑な説明ですが「止観とは心を落ち着かせ集中力を
得て物事を正しく観る状態にすること。」です。
中国で天台宗を開いた天台大師智顗(てんだいだいしちぎ)の『小止観』『摩訶止観』は超有名な座禅のマニュアルみたいな存在です。三井寺も『小止観』を元に座禅を行っています。
三井寺の座禅(止観)は姿勢や印が特徴的です。
それは、祖師・智証大師円珍の座禅スタイルを
真似ているからだそうです。
そして、特に呼吸に重きをおきます。
息をゆっくりと吸うこと。ゆっくりとはくこと。
皆さんは、簡単に「吸う・はく」を繰り返せますが、覚えておいてください。
この息を「吸う・はく」という皆さんにとっては何の問題もなくできた行為も、今日亡くなった方々は
どんなに望んでも出来なかったことです。
ただ息を「吸う・はく」のではなく、彼岸・さらに、東日本大震災のあったこの月だからこそ「生きる」
「生かされている」という事を考えてみてください。
お不動様はじめ神仏に先祖に感謝して、
今を大切にしてください。

~~~ 今 後 の 予 定 ~~~               
 4月7日(日)午後2時~春大祭特別護摩法修 5月1日(月)午後8時~神月護摩法修          
                  
                        5日 (日) 午後2時

19日(水)午前11時30分~         19日(金)午前11時30分~
先祖・水子・ペット他供養       先祖・水子・ペット他供養   

☆大祭のご奉仕お願いします!
3月24日・31日(日) 10時~ 大祭幟たて・境内清掃・本堂清掃など
4月6日(土) 10時~ 大祭用供物準備・福餅投げ準備など
4月7日(日)  9時~ 大祭当日接待など
よろしくお願い致します。

*** 千葉成田山・深川不動堂参拝報告 ***
2月17日に天候に恵まれ、無事に千葉・成田山・深川不動堂に参拝してきました。
千葉・成田山には今年で47年続けてお参りに行きます。
管長御名代から講中参拝お礼のご挨拶をうけ、精進料理をいただきました。
昨年は、千葉成田山の開基1080年にあたり4月28日から1か月の間、大法要が営まれ5月13日の
中日法要に塩山千成講がご招待を受けたので講元として皆様の代表でお練りや法要に参列してきました。
今年も早めに到着したこともあり、本堂裏の神変大菩薩や大日如来・虚空蔵菩薩・聖徳太子そして、出世稲荷・釈迦堂などに参拝し参拝者一同の身体健全・家業繁栄など祈願をしました。
深川不動堂では、護摩の始まるまで不動堂内を丁寧にご案内いただきました。
護摩では、講中の皆様に特別席をご用意いただき間近で護摩を受けさせていただきました。
さらに、特別室でのお茶のお接待を受けてきました。
ぜひ、来年2020年2月16日は一緒に参拝してご自分で体験してみてください。
皆様、参拝お疲れ様でした。

~ つりくじに立ち会ってみますか? ~
「つりくじ」という神仏に悩み事に答えていただく神事があります。
今いらしている方々でも立ち会っている方々は少ないと思います。
このような神事がある。という事を知っていただくのも大切な事で「どこでも・誰でも簡単にできる」というものではないので、立ち会っていただこうと思いました。
また、日にちは来月の法話でお伝えします。

〇5月は神仏とのご縁の深まる神月です。ぜひ、ご参拝ください。
○今月も参拝お疲れ様でした。来月4月は当山の大祭です。当山は寄付祭りです。寄付者にはお札供物の他にくじ引き(下部源泉舘宿泊券やディズニーリゾートペアチケットなど当たります)と軽食がございます。
ぜひご協力よろしくお願い致します。今少し寒い日もありますがどうぞご自愛ください!

2月もあと少しになっちゃいました

今月は節分や千葉・成田山へ講で参拝などをしていたらあっという間に今日です。
「2月は逃げるよう」とはよく言ったものですね。
今月の法話です。
何かのヒントになれば幸いです。

塩 山 成 田 山
平 成 3 1 年 2 月 法 話
~鬼も貧乏神も福の神もあなたの中にもいます~
節分の豆まきで「鬼は外!福は内!」と言うと思います。
「鬼」は何のことかご存知ですか?
「「鬼(き)」という漢字の元々の意味は「死者の魂」である。」「「おに」の語源は「おぬ(隠)が転じたもので、元来は姿の見えないもの、この世ならざるものであること意味する。」と
Wikipediaにありました。
「貧乏神」は「福の神」と表裏一体です。
神とされている鏡の前でしかめっ面をしてみてください。
それが、あなたの中にいる貧乏神の姿です。
同じように、鏡の前で裏表の無い笑顔をしてみてください。
それが、あなたの中にいる福の神の姿です。
努力もしないで愚痴・不平不満・無関心ばかりだとあなたの中の貧乏神は元気になります。貧乏神が元気になるとあなたの中の
本来は姿の見えないはずの「鬼」が姿を現してきます。
見かけは人でも生きながら「鬼」になります。
「鬼」になり、欲張り・むさぼり・本能の赴くままの行動・
色情問題・嫉妬・詐欺・殺人など行うと、死んでからは
「餓鬼」になります。
あなたの今後の生き様があなた自身を「鬼」にも「餓鬼」にも
「貧乏神」にも「福の神」にもします。
「福の神」になって幸福を引き寄せたいのならば
○利他楽顔を実践し「ありがとう」を増やしてください。
※「利他楽顔」は十波羅蜜の中の一つです。
波羅蜜というのは彼岸(迷いから悟りに至る)が目的の菩薩行で、春と秋にある彼岸の目的は、
先祖供養だけではなく、生きている自分自身が彼岸(迷いから悟りに至る)到達することが目的です。そのため、彼岸中には様々な戒めや行わなければならない事があります。それが六波羅蜜です。
六波羅蜜のさらに上が、十波羅蜜です。
自分の笑顔のためだけではなく、他人の笑顔のために何かしてみるのはいかがでしょうか?
恵比寿様や大黒様など福の神様を思い出してください。笑顔ですよね?
皆さんはお不動様や毘沙門天様と違い魔を切っているわけでは無いので、眉間にしわを寄せて
難しい顔をしないでくださいね。
お不動様はじめ神仏や先祖を敬い、自分の利益だけでなく、他人の笑顔のためにも
笑顔の福の神になって運気をあげてください。

~ ~ ~ 今 後 の 予 定 ~ ~ ~               
3月1日午後8時~護摩法修     4月7日午後2時~春大祭特別護摩法修                             
3日午後2時~護摩法修       19日午前11時30分~
19日午前11時30分~        先祖・水子・ペット他供養
先祖・水子・ペット他供養   ※4月の護摩は1度です。ご注意ください。
大祭当日・大祭準備ぜひ徳を積みご奉仕ください。
3月24日・31日・4月6日・7日         
***参 拝 者 募 集***
一緒に参拝して徳を積み神仏の御加護を願いませんか?
○日時2月17日(日)5時 塩山成田山発 
千葉本山成田山・深川不動堂参拝
○会費13000円  参加申し込み2月8日まで20名先着順です。
*千葉成田山・金輪閣にて精進料理の接待
*深川不動堂にて特別接待        お気軽にお問い合わせご参加ください。
2月17日スケジュール
塩山成田山5時発➡千葉成田山(本堂にて護摩・光輪閣にて精進料理)➡昼食
➡深川不動堂(本堂にて護摩・館内案内)➡深川不動堂17時発➡塩山成田山
※朝食・昼食・おやつ・お楽しみくじ付き
☆参拝お疲れ様でした。今年5月から新元号が始まる新元号最初の年です。
今年は元日の法話で詳しく話しましたが、全てにおいて停滞しやすい年です。
だからこそ未来に向かって、行動してください。ぜひ、当山はじめ寺社仏閣や菩提寺に参拝して神仏や先祖を敬って徳を積んでください。
そして、今年度は北東・西南は誰にとっても危険な方位です。気をつけてください。
寒さが続きますが、体調など、どうぞ気を付けてお過ごしください。

10月もあとわずかになりましたね

気温差が大きくなり体調管理が大変ですよね。
皆様どうぞご自愛ください。
今月の法話です。
どうぞ実践なさってみてください。

塩 山 成 田 山
平 成 3 0 年 10 月 法 話
~寺社参拝するとき・仏壇でのお経~
私が親から教わった神仏混合の参拝時のお経祝詞を書いてみます。
◎寺院を参拝するとき
1、懺悔文➡2、開偈経➡3、六根を浄める経・結界をはる真言➡4、本尊真言➡5、祈願➡6、魔を切る真言➡7、般若心経
◎神社を参拝するとき
1、祓詞(場合により大祓詞を唱える)➡2、六根清浄祓
➡3、祈願➡4、魔を切る真言➡5、般若心経
ざっとだとこんな感じです。
ここまで、在家の皆さんが読経しても経や祝詞の意味や印などを
知らないと無意味なものになってしまうので
「これだけはやろうか!」というのを書きます。
☆当山がお勧めする皆さんが参拝するときのお経・祝詞
◎寺院を参拝するとき
1、懺悔文➡2、開偈経➡3、本尊真言➡4、般若心経
◎仏壇
1、懺悔文➡2、開偈経➡3、本尊真言➡4、光明真言➡
5、般若心経
◎神社を参拝するとき
二礼(二拝)二拍➡「祓えたまい、清めたまえ、神(かむ)ながら守りたまい、幸(さきわ)えたまえ」➡一礼(一拝)
これで大丈夫です。
神社では拝殿に祝詞を書いてあるところもあるので、
あればそれを唱えてください。
~ ~ ~ 今 後 の 予 定 ~ ~ ~              
11月1日午後8時~護摩法修  12月1日午後8時~護摩法修                        
4日午後2時~護摩法修     2日午後2時~護摩法修
19日午前11時30分~19日午前11時30分~           先祖・水子・ペット他供養  彼岸月先祖水子・ペット他供養
◎護摩後に『寺子屋』のような事を行っていきます。
○ 11月➡正月に向けて 12月➡正月に向けて2
私の不思議な体験?私の日常茶飯事を載せています『塩山成田山』で検索→ホームページやアメブロもご覧下さい。そして、感想などよろしくお願い致します。
今月も参拝お疲れ様でした。気温差があるので
ご自愛ください。

☆ ☆ 参 拝 者 募 集 ☆ ☆
日時 2月17日(日) 塩山成田山午前 4:30発
場所 千葉 成田山新勝寺・深川不動堂
人数 15~20名(最終申し込み2月8日まで)

* * 参 加 者 募 集 * *
お不動様の真言の行
日時 10月13日(土) ・11月10日(土)
   両日とも午後2時~・午後8時~

~  参拝するときのお経  ~
○懺(さん) 悔(げ) 文(もん)
我(が) 昔(しゃく) 所(しょ) 造(ぞう) 諸(しょ) 悪(あく) 業(ごう)
皆(かい) 由(ゆ) 無(む) 始(し) 貪(とん) 瞋(じん) 痴(ち)
従(じゅう) 身(しん) 語(ご) 意(い) 之(し) 所(しょ) 生(しょう)
一(いっ) 切(さい) 我(が) 今(こん) 皆(かい) 懺(さん) 悔(げ)
◎開(かい) 偈(げ) 経(きょう)
無(む) 上(じょう) 甚(じん) 深(じん) 微(み) 妙(みょう) 法(ほう)
百(ひゃく) 千(せん) 万(まん) 劫(ごう) 難(なん) 遭(そう) 遇(ぐう)
我(が) 今(こん) 見(けん) 聞(もん) 得(とく) 受(じゅう) 持(じ)
願(がん) 解(げ) 如(にょ) 来(らい) 真(しん) 実(じつ) 義(ぎ)
☆光明真言
おん あもきゃ びろしゃな   
まかもだら まにはんどま じんばら はらばりたや うん

9月です。

台風、大変な事になりましたね。
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
被害にあわれた方々の早期復興を強く祈念いたします。
法話です。
何か幸いのヒントになれば嬉しいです。
塩 山 成 田 山
平 成 3 0 年 8 月 法 話
~護摩について神仏から教わった事・護摩の利益~
この6月・7月に滋賀県大津市の本山三井寺で、1000年以上続く護摩の伝授を受けるための加行(けぎょう)という修行をして
無事に護摩の伝授を受けてきました。
護摩の修行中も神仏から様々な事を教わりました。
その中の一つが
「作法だけではなく心を込めない護摩は護摩ではない」という事。
これを神仏から教わったとき、私は「護摩の作法を間違えない
ように」が特に頭にあり護摩を焚きました。
自分の護摩を焚き終え、修行の相方の先輩の護摩を見学しました。先輩は人生初の護摩を焚きでした。
すると、炎の中に先輩の寺の本尊不動明王が立っていました。
先輩は護摩の作法も初めてですが、御本尊様と「護摩を焚ける
ようになる」という約束をしていました。
先輩の護摩を見て「初めての護摩でこれだけ神仏が立っているのは凄い!」と思いました。この体験から「作法だけではなく心を込めない護摩は護摩ではない」という事や「作法だけを重視して、神仏や人に思いを届けようとしないと神仏も応えてくれない。」という事と「例え作法を多少間違えながら護摩を焚いても護摩は護摩なので、神仏は炎の中に降りてきてくる。だから、神仏を
信じろ。」という事などを再確認させられました。
◎護摩の利益
護摩の作法の文言の中に「全ての命あるものは業煩悩より生まれる。業を浄め取り去ると解脱を得る事ができる。護摩はその業煩悩を知恵の猛火で焼く」とあります。
皆さんの悩みや苦しみの元は「業煩悩」なんだそうです。
なかなか自分では「業煩悩」からくる迷い・悩み・苦しみを離れられません。護摩はそこを離れる御利益が大きいそうです。
だから、密教の僧侶が人々や国家安泰のために1000年以上も
大切に護摩という事を伝承しているのです。
護摩に立ち会う方もお不動様や護摩の力を信じて真剣に立ち
会ってください。
真剣な正しい思いは必ず神仏に届きます。
お不動様を信じてくださいね。
~ ~ ~ 今 後 の 予 定 ~ ~ ~              
9月1日午後8時~護摩法修  10月1日午後8時~護摩法修                        
2日午後2時~護摩法修     7日午後2時~護摩法修
19日午前11時30分~19日午前11時30分~           先祖・水子・ペット他供養  彼岸月先祖水子・ペット他供養

◎護摩後に『寺子屋』のような事を行っていきます。
○9月➡お彼岸の事について 10月➡正月に向けて1
私の不思議な体験?私の日常茶飯事を載せています『塩山成田山』で検索→ホームページやアメブロもご覧下さい。そして、感想などよろしくお願い致します。
◎今月も良いお参りでした。これからしばらくは酷暑ですが、どうぞご自愛ください。
来月もお待ちしております!!!

☆ ☆ 参 拝 者 募 集 ☆ ☆

三井寺 結縁灌頂
◎三井寺は約1400年の歴史のあるお寺です。
正式名称は長等山園城寺 天智・天武・持統天皇の
三天皇がここの井戸水を産湯に使ったことから三井寺と呼ばれるようになった古刹です。
日時 10月8日~9日塩山成田山発
場所 三井寺 滋賀県大津市
人数 15~20名(最終申し込み9月4日まで)

千葉・成田山~深川不動堂参拝
日時 2019年2月17日(日)
場所 千葉・成田山~深川不動堂参拝 
人数 15名(最終申し込み2月7日まで)

~ 境内にある神仏について ~

○水子のお地蔵様
御真言 おん かかかび さんまえいそわか

駐車場へ向かう左側に祀られています。
水子のいらっしゃる方はもちろんのこと、先祖の
水子の為に手を合わせてください。
このお地蔵様の周りに遊びに来ている
水子の声がたまに聞こえてきます。
◎今月も良いお参りでした。これからしばらくは酷暑ですが、どうぞご自愛ください。
来月もお待ちしております!!!

もう5月ですね。

ブログは毎日あげているのですが、お寺の正式なブログが停滞気味ですみません。
ブログはパソコンでなくできるのでそちらを書いてしまいます。
よかったらアメブロですが「塩山成田山」で検索してみてください。

今月の法話です。
皆様に一つでも多くの幸が訪れますように!
塩 山 成 田 山
平 成 3 0 年 5 月 法 話
~信じる力~
私はお経や印の力を信じています。本山が密教も伝える三井寺なので当たり前のことだとも言えます。
護摩のときに皆さんにお唱えいただく不動明王真言も信じて唱えるのと
よくわからないまま唱えるのでは、もちろん違いがでます。
「のうまく さんまんだ ばさらだん せんだん まかろしゃだ 
そわたや うんたらた かんまん」
このお不動様の御真言のざっとした意味は
「激しい大いなる怒りの姿をした不動明王よ。迷いを打ち砕いてください。障りを取り除いてください。様々な願いを叶えてください。」です。
皆さんは、こんな事を護摩の間に何回も何回も唱えています。
こんなお願いをしているのに、お不動様の真言を信じていないなんて
おかしな話ですよね。
また、違うお経にはこのような一節があります。
『利益の遅速は、その人の渇仰心(かつごうしん)に任す。』と。
『渇仰』とは「渇いたものが水を切望するように仏を仰ぎ慕うこと。
➡深く仏を信じること。」とgoo辞書にあります。
さらに、今月は神月で神仏とのご縁が深く結ばれる月です。
真剣に御不動様を信じて行動してみてください。
必ず信じる人を優しく、ときには怒りながらでも導いてくださいます。

~ ~ ~ 今 後 の 予 定 ~ ~ ~               6月1日午後8時~護摩     7月1日午後2時~護摩法修                        
3日午後2時~護摩法修     1日午後8時~護摩法修
◎6月・7月は19日の先祖・水子・ペットの
供養はありません。ご注意ください。

*** 参 拝 者 募 集 ***
◎三井寺・結縁灌頂会
日本三大不動 国宝黄不動尊 特別開扉
平成30年10月8日(月曜祝日)~9日(火曜)
塩山成田山 4時45分集合 5時出発

○秘法 つりくじ 5月12日 午後8時~

不思議な体験も載せています『塩山成田山』で検索→ホームページやアメブロもご覧下さい。

◎今月も良いお参りでした。急に暑くなり体がついていけませんが、どうぞご自愛ください。
来月もお待ちしております!!!
塩 山 成 田 山
平 成 3 0 年 5 月 法 話
~信じる力~
私はお経や印の力を信じています。本山が密教も伝える三井寺なので当たり前のことだとも言えます。
護摩のときに皆さんにお唱えいただく不動明王真言も信じて唱えるのと
よくわからないまま唱えるのでは、もちろん違いがでます。
「のうまく さんまんだ ばさらだん せんだん まかろしゃだ 
そわたや うんたらた かんまん」
このお不動様の御真言のざっとした意味は
「激しい大いなる怒りの姿をした不動明王よ。迷いを打ち砕いてください。障りを取り除いてください。様々な願いを叶えてください。」です。
皆さんは、こんな事を護摩の間に何回も何回も唱えています。
こんなお願いをしているのに、お不動様の真言を信じていないなんて
おかしな話ですよね。
また、違うお経にはこのような一節があります。
『利益の遅速は、その人の渇仰心(かつごうしん)に任す。』と。
『渇仰』とは「渇いたものが水を切望するように仏を仰ぎ慕うこと。
➡深く仏を信じること。」とgoo辞書にあります。
さらに、今月は神月で神仏とのご縁が深く結ばれる月です。
真剣に御不動様を信じて行動してみてください。
必ず信じる人を優しく、ときには怒りながらでも導いてくださいます。

~ ~ ~ 今 後 の 予 定 ~ ~ ~               6月1日午後8時~護摩     7月1日午後2時~護摩法修                        
3日午後2時~護摩法修     1日午後8時~護摩法修
◎6月・7月は19日の先祖・水子・ペットの
供養はありません。ご注意ください。

*** 参 拝 者 募 集 ***
◎三井寺・結縁灌頂会
日本三大不動 国宝黄不動尊 特別開扉
平成30年10月8日(月曜祝日)~9日(火曜)
塩山成田山 4時45分集合 5時出発

○秘法 つりくじ 5月12日 午後8時~

不思議な体験も載せています『塩山成田山』で検索→ホームページやアメブロもご覧下さい。

◎今月も良いお参りでした。急に暑くなり体がついていけませんが、どうぞご自愛ください。
来月もお待ちしております!!!
塩 山 成 田 山
平 成 3 0 年 5 月 法 話
~信じる力~
私はお経や印の力を信じています。本山が密教も伝える三井寺なので当たり前のことだとも言えます。
護摩のときに皆さんにお唱えいただく不動明王真言も信じて唱えるのと
よくわからないまま唱えるのでは、もちろん違いがでます。
「のうまく さんまんだ ばさらだん せんだん まかろしゃだ 
そわたや うんたらた かんまん」
このお不動様の御真言のざっとした意味は
「激しい大いなる怒りの姿をした不動明王よ。迷いを打ち砕いてください。障りを取り除いてください。様々な願いを叶えてください。」です。
皆さんは、こんな事を護摩の間に何回も何回も唱えています。
こんなお願いをしているのに、お不動様の真言を信じていないなんて
おかしな話ですよね。
また、違うお経にはこのような一節があります。
『利益の遅速は、その人の渇仰心(かつごうしん)に任す。』と。
『渇仰』とは「渇いたものが水を切望するように仏を仰ぎ慕うこと。
➡深く仏を信じること。」とgoo辞書にあります。
さらに、今月は神月で神仏とのご縁が深く結ばれる月です。
真剣に御不動様を信じて行動してみてください。
必ず信じる人を優しく、ときには怒りながらでも導いてくださいます。

~ ~ ~ 今 後 の 予 定 ~ ~ ~               6月1日午後8時~護摩     7月1日午後2時~護摩法修                        
3日午後2時~護摩法修     1日午後8時~護摩法修
◎6月・7月は19日の先祖・水子・ペットの
供養はありません。ご注意ください。

*** 参 拝 者 募 集 ***
◎三井寺・結縁灌頂会
日本三大不動 国宝黄不動尊 特別開扉
平成30年10月8日(月曜祝日)~9日(火曜)
塩山成田山 4時45分集合 5時出発

○秘法 つりくじ 5月12日 午後8時~

不思議な体験も載せています『塩山成田山』で検索→ホームページやアメブロもご覧下さい。

◎今月も良いお参りでした。急に暑くなり体がついていけませんが、どうぞご自愛ください。
来月もお待ちしております!!!

凄い停滞していました

今年は異常な寒さや大雪ですが、皆様どうぞお気を付けください。

塩 山 成 田 山
平 成 2 9 年 10 月 法 話
~寺社参拝の注意点~
寺社を参拝して体調が良くなる人。開運する人がいます。
反対に体調も運の良くならず、他人の災いや因縁までも背負って帰ってくる人もいます。
私が、両親から教わった災いや因縁を持ち帰らないための注意点は
1、真剣に神仏を信じる。
2、参拝に行く時・参拝中・帰る時に文句を言わない。
3、参拝に行く時・参拝中・帰る時にケンカをしない。
4、損得・欲得だけで参拝しない。
5、参拝に行く時には精進潔斎する。
6、何事も当たり前だと思わず、帰宅後も感謝する。
7、面白半分・観光気分で参拝しない。
8、人を思いやる。嘘をつかない。
9、真剣に参拝して集中する。
10、神仏を信じないようなお願いの仕方はしない。
これらを教わりましたが、これらは必要最低限の注意点で初歩の初歩です。
様々な寺社を参拝していると、本当に色々な人々に出会います。
例えば
悪い先祖の因縁を背負っている人。心得違いの信仰から災いの元を持っている人。
欲得の参拝をしているので餓鬼を連れ歩いている人。キツネなど様々な憑き物に憑かれている人。
などは、残念ながら結構いらっしゃいます。
この人達が災いの種や因縁・憑き物を寺社に置いてゆく事もあります。
そして、真剣に参拝したので神仏がその人の災いや因縁を切って鎮めてくださることがあります。
初歩の注意点を守らない人。知らない人はこれらを持ち帰ってしまいます。
その寺社を参拝するという事は、その寺社の神仏から招かれた状態なのです。
せっかくのご縁を潰すのも、強くするのも皆さんの心掛け次第なのです。
私がはがゆい面は、これらが皆さんにも見えれば、真剣に神仏を信じると思います。
この注意点は寺社参拝だけではなく、先祖のお墓参りに対しても同じ事です。気をつけてください

9月 正五九月です

今年はあっという間に秋になってしまった気がします。
気温差がありますので、皆さま御自愛ください。
今月の法話です。
皆さまの幸せのヒントにでもなれば幸いです。

塩 山 成 田 山
平 成 2 9 年 9 月 法 話
~彼岸のこと~
昔、お彼岸の最中に兄弟げんかをして親に怒られお不動様と仏壇に謝らされました。それには、こんな理由があったからです。
彼岸とは『到彼岸(パーラミター(般若心経とかに出てくる波羅蜜多))』のことです。とても簡単に言うと『到彼岸』=極楽浄土に行くための本来は功徳を積み修行する期間なのです。
そのため、彼岸中は六波羅蜜(ろくはらみつ)という事を行います。
1、 布施(人に施すこと) 2、持戒(戒律を守ること)
2、 忍辱(耐え忍ぶこと) 4、精進(努力すること)
5、 禅定(心を安定し穏やかに保ち反省すること)
6、 智慧(正しい判断力を持ち物事の真実をみること)
これが、彼岸中に行う六波羅蜜です。
だからケンカをして怒られました。皆さんもお気を付けください。
~お供え物の注意~
○瓶や缶・ペットボトルやお菓子・惣菜などの封はあける。
○家は肉類以外はお供えします。○箸をつけてください。
~役(えんの) 小角(おづの)・神変(しんべん)大菩薩(だいぼさつ)について~
私が霊感の出るきっかけになった方です。
名前を役小角(えんのおづの)といい飛鳥・奈良時代(643年~701年)に活躍され修験道の開祖とされています。死後1100忌1799年に高格天皇より諡として『神変大菩薩』をおくられました。
ご活躍は『続日本紀』や『日本霊異記』に載っています。
吉野の大峯・葛城山・熊野・六甲山・富士山など名だたる霊山へ登り修行しました。富士山に行かれたのは無実の罪で伊豆大島に流刑になったとき、船上から見た富士山に深く感銘を受け夜な夜な雲に乗って富士山に行った伝説があります。
吉野が桜の名所になったのもこの神変大菩薩さんによります。
神変大菩薩さんが大峯の山上ヶ岳山頂で『この世や衆生を救ってくださる神仏はどなたなのか出現してください。』と願うと
まず、釈迦如来が出現。次に千手観音が出現。次に弥勒菩薩が出現したが『この世や衆生の悪しき心まで救うには優しすぎる。』といって、せっかく出現してくださった仏様達を却下して更に修行を重ねると、釈迦如来・千手観音・弥勒菩薩の三仏が合体して蔵王権現が出現され、今にも雲を踏み台にして天に上って行こうとするので、神変大菩薩さんが近くにあった桜の木にお姿を彫ったので、その故事にちなみ人々が桜の苗を奉納し吉野は桜の名所になったそうです。
~ ~ ~ 今 後 の 予 定 ~ ~ ~              
10月1日午後2時~護摩法修  11月1日午後8時~護摩法修                        
1日午後8時~護摩法修     5日午後2時~護摩法修
19日午前11時30分~19日午前11時30分~           先祖・水子・ペット他供養  彼岸月先祖水子・ペット他供養
◎護摩後に『寺子屋』のような事を行っていきます。
○10月➡正月に向けて1 11月➡正月に向けて2
その他に下部の源泉館の湯守(温泉入浴指導員だったと思います。有資格者)による『安全な入浴』のお話しを伺う計画中です。
私の不思議な体験?私の日常茶飯事を載せています『塩山成田山』で検索→ホームページやアメブロもご覧下さい。そして、感想などよろしくお願い致します。
◎今月も良いお参りでした。これからしばらくは酷暑ですが、どうぞご自愛ください。
来月もお待ちしております!!!
☆ ☆ 参 拝 者 募 集 ☆ ☆
日時 10月4日(水) 塩山成田山午後1:30発
場所 三峯神社 ~十五夜祭参拝~
人数 15~20名(最終申し込み9月4日まで)

~ 境内にある神仏について ~
○開運地蔵
水子のお地蔵様の隣に祀られ立っている
お地蔵様です。
昔、地元の方から聞いた話しです。
『ある千野地区で原因不明の病人が絶えなくて人々が困っていると、畑の中からこのお地蔵様が出現された。人々が早速、掘り出し当山に祀ると病人が治まった。祀る時にその当時の当山住職が『このお地蔵様は宝珠の玉をお持ちである。
さらに苦しんでいる人々を救ったので、これより以後、開運地蔵として祀る』という事で開運地蔵様として祀られています。
他の方から聞くと『明治の大水害の時にこのお地蔵様が流されて堰になってくれたから、水の流れが変わって村ごと流されずにすんだ。』と。
どちらも人々を助け、人々の未来を開かせた
ありがたいお地蔵様です。
未来を開きたい方はご参拝ください。
開運地蔵 御真言
おん かかかび さんまえい そわか